剪定や草刈りは私達の暮らしに関わるエレメント|特徴などについて

花

住みやすい土地にする

芝生

木などを整えるものとして剪定や伐採があります。この剪定と伐採の違いは植木職人の間では当たり前にわかることですが、これらは一般人などには親しみがなく区別をつけることができません。そのため、伐採してほしいといった依頼に対して木の密度を指示してくる場合などがあります。しかし、この密度や長さの調節といったものは伐採ではなく剪定と呼ばれるものです。内容としては全く異なるものです。伐採と剪定は上記でも述べたように違うものです。その違いは規模なども異なるものです。ですが一般的にその違いを知っている人はそんなに多くありません。そのため、依頼される際に間違って言葉を使用してくる場合がありますが、ワザワザ正すのではなく、どういった依頼なのかを聞いて職人の方で考える必要があります。業界用語はどの業界にでもあります。これらは一般人にはわからない用語が多いので、円滑に業務を回す為にわかりやすい言葉で話す必要性があります。中にはわざと違うことを指摘してくるケースもあるようで、そういった場合コミュニケーションを図ることが難しくなります。これでは業務に支障をきたす恐れがあるため、円滑にという面で難しくなるものです。
業者と依頼人の間には、剪定や伐採に関わる知識や技術において違いがあります。そのため、業界人の間では通じる業界用語でも通じない可能性があるのです。そのため、業者に依頼する人や依頼される業者は、違いを考慮してやり取りを行なうことが大切です。